お客様からのQ&A【1】Q.サロンのカラーと市販のカラーってどう違うの?(後編)

それでは続きの2ポイント目とは?

2.薬剤の使い分けが出来る

〜思わぬ落とし穴〜

市販のカラーで染めたことのある方はご存知だと

思いますが、ヘアカラーには1剤2剤という二つの

薬剤を混ぜて作ります。

簡単に説明すると、

1剤=色味《ブラウン、オレンジ、アッシュなど》

2剤=脱色《強い脱色力6%〜弱い脱色力1%》

です。

ここで、市販のカラーの思わぬ落とし穴というのが、

2剤です。

市販のカラーはどんな髪質の方でも染まるように

強いもので出来ています。

全てが6%という強いものを使っています。

根元のプリンのところだけを染めるならまだしも、

毛先の痛みに敏感なところに使うと考えただけで

ゾッとします。涙

毛先はカラーの繰り返しにより、

色味、水分、栄養分がかなり不足しているのところに

脱色力の強いものをつけたら、

髪が『これ以上とらないで〜!カラカラになっちゃうよ〜!!』と叫びます。涙
それが、サロンのカラーでは

そうならないように、

髪の毛の状態によって

どこの部分には何が適しているか?

見定めて最小限に負担を抑えます。

根元は生えたてのところなので、6%

中間部分は少し乾燥してきているから、3%

毛先はかなり明るくなっていてデリケートな状態なので、1%

といったようにその時々で使い分けているので、

さらに傷んでしまうという事はほとんどないのです。

何でもそうですが、適材適所がケアへの近道ですね☆

この髪の毛に対しての細かい配慮が

長い目を見ると雲泥の差になりますm(__)m
以上が大きな違いですヽ(´o`;

ケアリストとして、

お客様お一人おひとりに合った方法で

さらつやの髪の毛へ導きますので、

どんな細かいことでもいいので、

お悩みがありましたらお気軽にご相談ください☆

一緒にさらつやヘアを手に入れましょう(^人^)

  

Story hair&careオーナー

田中優基

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です